メタトレーダーの役立て方
売買が成立しやすい


FXは世界中の人がトレードを行っているので、とても売買が成立しやすいのが特徴です。

株式投資の場合は、銘柄によっては参加者が少なくて薄商いとなり、こちらが取引ををしたい時に売買が成立しないこともあります。そのために大事なタイミングを逃してしまい利益が出せなかったり、損失を出してしまうこともあります。

でもFXなら売買したいときにはすぐにトレードできます。何しろ世界中の人が投資する巨大マーケットなので、取引量や流通量は株式投資の比ではありません。なのでいつでもチャンスを逃さずにスピーディーかつスムーズに取引が行えるのです。

sd99
リスクオン・リスクオフオフ…なんのことでしょう?



sdf99iリスクオンとは、投資をする人間が、リスクがあってもそれを理解した上で選択している状態のこと。リスクオフとはその逆で、投資家がリスクを選ばずに回避をしている状態のことです。

リスクオンは綱渡りのようなもの…さあ渡りきれ!

綱渡りは確かに危険です。しかしこの状況こそリスクオンの状態を的確に表しています。すなわち、【FX | 無料副業ブログ | 初心者向けおすすめFX】によれば、綱を渡ると言うリスク<渡りきって大きな成果を得るのが目標になっているわけです。FX取引におけるリスクオンもこれと同じ。リスクがあってもそれを乗り越えれば大きな利益を得られますよね。

リスクオンとは『ハイリスクハイリターン』の通貨を、自ら好んで購入している状態です。リスクオフはこの逆の意味、リスクが少なくて安定している通貨を好んで購入してリスクオンで選ばれるようなハイリスクハイリターンな通貨は売られる状態がリスクオフにあたります。リスクオンとオフが簡単に理解できたでしょうか?ここで、リスクオンとオフの相場展開中にはどんな通貨間の関係や他の商品先物との関係が起こっているかと部分に焦点をあててみたいと思います。

【リスクオン相場にはどのような取引が予想される?】

FX取引においてリスクオン相場といえば、リスクのある通貨が買われている状態です。一般的にオーストラリアドル・・カナダドル・欧州ユーロ・ニュージーランドドル・イギリスポンドなどがハイリスク通貨といわれていますね。実際は発展途上国の通貨がリスクオンとされていて、経済状態が安定していない発展途上国は通貨価値も安定していない場合が多いのです。

引用: 「ビットオプション.com」

その分、金利は高く設定されていることが多いので、リスクオンの相場ではこれらの通貨が好んで買われる傾向にあります。リスクオン相場がどんなときに起こるかというと、「世界的な経済安定の観測」が見られたときです。これまでに世界的な経済安定の観測は数多く確認されていますので、具体例を上げるのは難しいのですが

例えばアメリカの経済指標が良ければ世界的な経済基準もあがりますから、今までの経済の問題が解決すると考えられるようになるわけです。世界中の投資家が「これからは経済状態が安定する」と思ったときがリスクオフ相場が始まります。アメリカドルや日本円などは低金利で安全な資産といわれていますが、このような時は儲けの少ないローリスク通貨は売られ資源国の通貨、発展途上国の通貨、株や原油などに投資家の資金があつまりやすくなります。

リスクオン、オフの相場の切り替えを予測するのは難しいものです。相場は割合長く続くことが多いとされていますが、急に変化することもありますし変化を察知して売り取引をしたのに、ジリジリと相場が継続されて「なかなか落ちてこない!」という事もあります。初心者の方は相場を見極めてに相場に注意していただきたいものです。



























































Copyright © MetaTraderNavi.com